産毛は極力剃らないのが美肌の鍵です!

美容に関する仕事柄、自分の肌のスキンケアやメイクは肌がよくわかる拡大鏡を使ってしているので、産毛はすごく気になります。しかしお肌の事を考えると産毛の処理は自分であまりしていません。
特にカミソリ処理はお肌の表面の角質も削りとってしまいます。角質はお肌を守る為の重要な役割をしているので、それを削りとる事で、お肌が乾燥するだけでなく、雑菌が入ってしまい炎症を起こしたりしてしまうからです。
かといって全く処理しないでいると髭が生えてしまったようにお口の周りや、フェースライン、もみあげのところなどが薄っすらと黒くなってしまうので、しないわけにもいきませんし、眉毛の上下の要らない毛をほっておくのも、不精な感じで嫌ですよね。
眉毛の剃り方としては、よくスッピンで剃る方が多いのですが、自分の気に入った眉の形にアイブロウで書いてから要らない部分だけを剃ると左右形が違ったりする失敗はしませんよ。

綺麗なお肌を保ちつつ無駄な産毛を処理するのが最善です!
産毛が濃い人は脱毛サロンが1番のおすすめですが、そんなに濃くない人は眉の上下にある要らない毛と口周りの産毛をガード付きのカミソリか、電動カミソリで軽くあてて剃るのがおすすめです。
この時にクリームか乳液をしっかりつけて肌の滑りを良くする事で、角質を削りとってしまうのを少しでも防げるので、私はそうしています。そして剃った後には必ず保湿クリームなどでお肌のガードをしています。

私は口、まゆの下、フェースラインのもみあげの下あたり以外、顔全体を剃るのは年に1~2回程しかしません。
ですから野外の明るいところで見ると産毛が光っているのが自分でもわかりますが、年齢からしても若いとよくいわれます。
これもお肌に刺激の強い産毛剃りをあまりしていないお陰かもしれません。

コメントは受け付けていません。